社内文書検索システム セキュリティを意識した社内資産の有効活用を実

2009-02-06

■事例サマリ

システム(業務)
概要
検索システム
オープンソース
導入の目的
長期間サポート、高スケーラビリティ、高機能
利用した
オープンソース
Namazu
設計上、マネージメント上のポイント ・セキュリティポリシーを確保しつつ社内情報資産の共有・有効活用。シソーラス(類義語)検索など機能面の充実。 

・利用者が期待する検索結果を表示するため、多様な文書への対応。

良かったこと、
悪かったこと
・セキュリティポリシーやレベルの改変を行う事なく導入。 

・高度な類義語検索機能の搭載された。

・同一文書の重複表示防止機能等を実現し、使い勝手のよい検索画面が設計された。

コスト削減の実態


■掲載企業情報

会社名 株式会社タイムインターメディア
お問い合わせ先
担当者
篠原
お問い合わせ先
メールアドレス
info@kabayaki.jp
URL http://www.timedia.co.jp/

 

事例資料は、下記のリンクより参照できます

(事例URL)某総研会社様向け 社内文書検索システム セキュリティを意識した社内資産の有効活用を実現

Copyright© 2008-2016 オープンソースビジネス推進協議会 All Rights Reserved.