メインイメージ
    

   この度の熊本県で発生した震災により、被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に謹んでお見舞い
   申し上げます。皆様の安全と災害の鎮静化、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
トピックス

[イベント] 12月2日(金)、3日(土) <OBCI後援> PostgreSQL生誕20周年 「PGConf.ASIA 2016」が開催されます!(2016/11/17)new! 12月2日(金)、3日(土) PostgreSQL生誕20周年を記念して、「PGConf.ASIA 2016」が開催されます!OBCIも後援団体として参加しております。詳細・お申し込みはこちらから!

[イベント] 12月15日(木) OBCIセミナー「今、聞いておくべきクラウド基盤!」を開催いたします!(2016/11/14)new! 12月15日(木) OBCIセミナー「今、聞いておくべきクラウド基盤!」の開催が決定いたしました。今度のテーマは"クラウド基盤"!皆さまのご来場を心よりお待ちしております!詳細・お申し込みはこちらから!

会員募集中

OBCIでは、各種会員を募集しています

オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)では、設立の目的に賛同していただける法人や個人の会員様の入会受付を随時行っています。
一般会員向けに配信しているメールマガジンでは、オープンソース関連のニュースをはじめ、事例紹介、セミナー開催などの最新情報をご提供しています。 この機会にぜひご入会ください。
詳細は入会案内をご覧下さい。

OBCIとは

 オープンソースソフトウェア(以下、「OSS」)が世界的に普及するなかで、日本においては、OS(オペレーティング・システム)であるLinuxを中心に普及が進んだものの、データベースやアプリケーションサーバ等のミドルウェアの分野では十分に普及している状況にはありません。OSSに対して多くの日本企業は、「システムコストの削減」、「オープンスタンダードな技術やソフトウェアの利用」、「サポート期限に制約されない長期間にわたる情報システムの利用」などといったメリットに期待をしているものの情報不足などから、OSSが十分活用されていません。
 こうした状況のなかで、日本におけるOSSの普及・発展は、一般のユーザ企業にとっては国際標準的な技術の採用、また情報サービス産業にとっては既に普及しているソフトウェアを活用することによる生産性の向上や海外展開での国際競争力の向上などの面で重要であると考えられます。
 OBCIは、ユーザ企業に対するミドルウェアを中心としたOSS活用に関するさまざまな情報提供や、情報サービス産業全体に対する有償サポートサービスや教育サービスの拡充などの支援活動をとおして、オープンソースビジネス市場の創造に努めていきます。
 こうした活動によって、日本の社会全体が真にオープンソースのメリットを享受できる環境を整備し、情報サービス産業全体の発展に寄与することがOBCIの目的です。

Copyright© 2008-2016 オープンソースビジネス推進協議会 All Rights Reserved.